カウンセリングBAR

日本のカウンセリング業界に革命を巻き起こす



NPO法人ダイバーシティワールドと飲食業界のコラボレーション企画!!





忙しい日々の中で思う仕事のこと、家族のこと、友人のこと、恋人のこと。傾聴のプロであるカウンセラーに話してみませんか?身近な友人との相談では「こうしたほうがよい」とつい結論を急いでアドバイスになりがちなものです。悩みを解決するのはあくまで「自分のこころとじっくり向き合うこと」から始まると考えています。ダイバーシティワールドのカウンセラーは、あなた自身が自分のこころと向き合い、こころを整理し、「どうすればよいか?」に気付き、そして実行できるよう、本質的なこころの問題解決に導く最大限のお手伝いをしています。
あなたが「いまの自分」と向き合う時間をつくることで、帰り道にはこころが軽くなり、表情に笑顔が戻ることを実感していただくことがカウンセラーの想いです。
ひとりでも、カップルでも、お仕事帰りやお休みの日にふらっと「カウンセリングBAR」に立ち寄ってみませんか?


カウンセリングBARとは?

カウンセリングBARは「おいしいドリンク・フードを楽しみながら、夜の時間帯でも気軽にカウンセリングが受けられる場づくり」「クライアント・カウンセラー・お店の3者がカウンセリングを通じての出会いを楽しむためのイベント」です。
日本国内においてカウンセリングを受けるとなれば、「平日に仕事を休んで病院へ」が定番です。世界各国では定期的に身近なクリニックにカウンセリングを受けるということが文化として日常生活に根付いていますが、日本国内においては症状が重度である自覚がなければなかなか利用しにくい、ハードルが高いイメージがあると思います。カウンセリングBARは、そんな固いイメージを払拭し、「カウンセリングを日常生活に」をコンセプトに、気軽に、仕事帰りに、お休みに、カウンセリングが受けられる場づくりを行っています。


カウンセリング・カウンセラーって何をするの?

カウンセリングとは「より自分らしく、より楽しく毎日を過ごすことができるようにサポートする」ことで、カウンセラーは傾聴のプロです。
身近な友人との相談では「こうしたほうがよい」とつい結論を急いでアドバイスになりがちなものですが、カウンセラーは「こうしたほうがよい」などのアドバイスはしません。
悩みを解決するのはあくまで自分。カウンセラーはあなた自身が自分のこころと向き合い、こころを整理し、「どうすればよいか?」に気付き、そして実行できるよう、本質的なこころの問題解決に導く最大限のお手伝いをします。


カウンセリングを正しく理解・活用していただくために

病院で診療する精神科・心療内科医や臨床心理士と、カウンセラー・セラピストがカバーする領域には違いがあります。また、カウンセリングは継続的に取り組み、効果測定をしていくことによって、より深く本質的な解決策を導き、問題解決への実感を得ることができるのです。
精神科・心療内科医:診察、診断、投薬治療
臨床心理士:心理療法、心理・性格検査
カウンセラー:面談(カウンセリング)
セラピスト:面談(カウンセリング)、専門療法による施術
※カウンセラーは医師・臨床心理士のような診断、投薬治療、心理療法等は行えませんが、躁鬱、自律神経失調、精神障害等の深刻なこころの病気に達する前の段階で、予防・解決に対峙することがメインの職業です。

メンタルヘルス問題Lv.とは?

Lv.5 : 症状(例):躁鬱、自律神経失調症、統合失調症、精神障害、各種依存症
Lv.4 : 症状(例):躁鬱、自律神経失調症、各種依存症
Lv.1~3: 症状(例):躁鬱、自律神経失調症、各種依存症の手前まで
※カウンセラーは躁鬱、自律神経失調、精神障害等のこころの病気に達する前のLv.1~3の段階で、予防・解決に対峙する職業です。

20代 女性 販売員

Q:カウンセリング初めてなのです。カウンセリングって何をしてくれるのですか?
A:カウンセリングとは「より自分らしく、より楽しく毎日を過ごすことができるようにサポートする」ことで、カウンセラーは傾聴のプロです。カウンセラーからは「こうしたほうがよい」などのアドバイスは致しません。お客様が自分自身のこころと向き合い、こころを整理し、「どうすればよいか?」に気付き、そしてそれが実行できるよう、カウンセラーは本質的なこころの問題解決に導くための最大限のお手伝いを致します。

20代 男性 大学院生

Q:自分の悩みを人になかなか話せない・・
A:日本人には「ひとりで我慢して乗り越える」という美学が深くこころの奥底に根付いています。実はこの考え方がカウンセリングとは正反対の考え方となり、日本国内では気軽にカウンセリングを受けるということになかなか繋がりません。もっと自然に自分のことを打ち明けてよいのです。人は話すことによって、それだけで、とても気持ちがやすらかになるものです。ぜひ、お試しください。

30代 男性 会社員

Q:悩みは特にないのですが・・
A:はじめての方にはよくある質問です。特にはじめてお会いしたカウンセラーさんですと、気恥ずかしくてなかなか自分のことが話せないものです。何気ない日常会話から、徐々に普段気になっていること、悩んでいることの整理が徐々に、自然とはじまりますので、身構えず、気軽にお越しください。

40代 女性 経営者

Q:社内にすべてを打ち明けられる人がいない・・信用できない・・
A:経営者の方には特に多いパターンですね。社員が心配するので誰にも打ち明けられない、不安を持たせたくない、裏切られるのではないか・・など様々です。カウンセラーは第3者の立場で接することになり、守秘義務は厳格です。ご安心ください。




カップルカウンセリングとは?

映画「Mr. & Mrs. Smith」では印象的な場面ですね。そう、「カップルカウンセリング」とは夫婦やカップルで定期的にメンタル状態のチェックを行うカウンセリング療法です。アメリカをはじめとする海外諸国では離婚率の高さが社会問題となりました。その対策として用いられているのがカップルカウンセリング。こんな場面でもカウンセラーは活躍しています。

映画「Mr. & Mrs. Smith」カップルカウンセリング風景



カウンセリングBARの全国展開のスキーム


カウンセリングマッチングポータル

カウンセリングBARの活動場所をご提供いただける経営者の方、活動の場を求めるカウンセラーの方、メンタルヘルス問題を抱えるクライアントの方、この3者をマッチングするためのプラットフォームを構築しています。近日、公開予定です。

カウンセリングマッチングポータルのしくみ

 
こころの相談電話、いのちの電話、スカイプカウンセリングなど、近年、いろいろなメンタルヘルスサポートサービスが登場してきていますが、ダイバーシティワールドは外に出掛け、新たなひとであるカウンセラー、BARのスタッフ、その場に居合わせたお客さんとのリアルな出会いを通じて、人生が豊かになり、解決の道が開けると考えています。リアルな出会いは人生においてとても重要と考えます。

カウンセリングBAR活動趣旨

  • 日常的なこころのケアを日本の文化に取り入れるべく、身近な癒しの空間を増やすこと。
  • 平日昼の時間帯外でもカウンセリングを受けられる場づくりをすること。
  • よって本来、まちの癒しのスポットであるBAR(飲食業界)のCSR(社会参加・社会貢献)活動の場を拡大すること。
  • 通院が必要な状態になる手前でメンタルヘルス問題を食い止め、予防・改善を図ること。
  • 有資格者でありながら活動できない日本で、カウンセラーの活躍の場を提供・拡大すること。
  • メンタルから日本、そして世界を元気にすること。

カウンセリングメニュー

カウンセリングスタイル

  • ひとりでじっくりカウンセリング
  • ふたりでカップルカウンセリング

カウンセリングカテゴリ

  • 仕事・就活などのキャリアプラン
  • 恋愛・家族・夫婦・婚活・人生相談などライフプラン

※相談内容は何でも構いません。

カウンセリング時間

1日1時間2000円
※1日1時間が高い効果の限界と言われていますので、延長はありません。


ご予約からカウンセリングまでの流れについて

1.「カウンセラー・プロフィール」で現在、活躍中のカウンセラーが確認できます。
カウンセラー・プロフィール


2.「イベントリスト・カレンダー」で当日対応可能なカウンセラーが確認できます。
イベントリスト・カレンダー


3.「カウンセリングBAR店舗リスト」でカウンセリングが可能なお店の確認できます。
カウンセリングBAR店舗リスト


4.「カウンセリングBAR予約フォーム」へご希望の日程を入力をして、
  カウンセラーからの回答を待ちます。
カウンセリングBAR予約フォーム


5.カウンセラー・日程・場所が決まりましたら、ご予約は確定となります。
  当日、お店までいらしてください。




日本を元気にするカウンセラーさん大募集中!!


資格はあるのに・・どこで活躍すればよいの?

カウンセラーの資格を取得したものの、「活動の場がない」「経験を積む場がない」といったカウンセラーさんはいらっしゃいませんか?
何らかのカウンセリング資格をお持ちの方で、ダイバーシティワールド認定の研修・ロールプレイング・認定試験をクリアした方には「NPO法人ダイバーシティワールド認定カウンセラー証明書」を発行しています。この証明書を受け取った方は、日本全国のカウンセリングBARでご活躍いただけます。


ダイバーシティワールドのカウンセリング革命プロジェクトのカウンセラーさんとして一緒にご活躍いただける方、お問い合わせフォームよりご連絡をお待ちしております。

【参加条件】
・出来るだけたくさんのメンタルヘルス問題を抱える方を救いたいという有志をお持ちの方
・月に2回程度以上、継続的にプロジェクトへ参加可能な方
・人並みにパソコン、スマホアプリが操作できる

ダイバーシティワールド認定カウンセラーとしてご活躍いただくまでの流れについて

1.ホームページに掲載されている「カウンセリング革命プロジェクト」に関する記事を
  ご覧ください。
  ・イベント>カウンセリングBAR
  ・イベント>カウンセリングBAR>カウンセリングBAR店舗リスト
  ・イベント>カウンセリングBAR>カウンセリングBAR予約フォーム
  ・プロジェクト>カウンセリング革命プロジェクト
  ・団体紹介
  ・団体紹介>カウンセラープロフィール
  ・イベントカレンダー


2.「お問い合わせフォーム」に必ず連絡が取れる電話番号・PC用メールアドレスと、
  もしあればで構いませんがブログやfacebookなどでカウンセラーとしてのこれまでの
  活動内容がわかるURLを「お問い合わせ内容」欄にご記入ください。
お問い合わせフォーム


3.どのように日本を元気にしていきたいと考えているか、
  なぜカウンセラーを目指すに至ったかなど、熱い想いをお伺いするための面談を行います。
  ※NPO活動ですので社会に対してどのような志をお持ちであるかが重要なポイントとなります。
  ※自己の利益に繋げようとする活動としてのご参加はもちろんNGです。


4.ひととおりカウンセリングBARの運営マニュアルをマスターしていただいた後、
  ロールプレイングを実施し、合格者には「ダイバーシティワールド認定カウンセラー証明書」を
  発行します。


5.認定(証明書発行)後は予約を受け付けることが可能となり、
  カウンセラープロフィールへ掲載され、「カウンセリングBAR店舗リスト」に掲載のお店で
  ご活躍いただけます。






カウンセリング活動の場をご提供いただける経営者さん大募集中!!


空いてるお席をシェア経済モデル

飲食業×NPOがコラボしたCSV経営モデルであり、街の癒しの場として機能する飲食店にとってのCSR活動になります。
カウンセリングBARは、全国にいらっしゃる資格は持っていても活躍する場がなく困っているカウンセラーさんとメンタルヘルス問題を抱えるお客さんとのマッチングを目的にしており、カウンセラーさんが最寄の街の癒しの場であるBARでカウンセリングが実施できるよう、全国のBARの経営者さんにご協力いただきたいと考えてるものです。飲食店のCSR活動を通じ、満卓ではない時間帯でお席をご提供いただくことでお店のファンを増やしませんか?


ダイバーシティワールドのカウンセリング革命プロジェクトへご協賛いただける経営者さん、
お問い合わせフォームよりご連絡をお待ちしております。

【参加条件】
・街の癒しの場としてお客さんにゆっくりすごしてほしいコンセプトのBAR
・お店のファン作りを強く意識しているBAR
・CSR活動に関心が高いBAR
※CSR活動の例:売上の5%を東北復興支援に寄付するなど。


※お問い合わせの際は必ず「ホームページURL」欄にお店のホームページのURLをご記入ください。

お問い合わせフォーム