ソーシャル×IT研究・開発プロジェクト

ソーシャル×IT研究・開発プロジェクトとは?


ソーシャルの世界をITで変える

第3セクターと言われるNPOの世界(ソーシャルセクター)には、エンジニア出身者が多くありません。
それはひとえに依然として長時間労働の世界であるからかもしれません。
弊団体には幸運なことに優秀なエンジニアが揃っており、ITの力で社会貢献ができないか、
やるからには大きなソーシャルインパクトを与えるようなサービスプラットフォームを作りたいと、
を目指して、
日々議論と研究を重ねています。

IT業界のプロフェッショナルエンジニアが集うソーシャル×IT研究・開発プロジェクト

ソーシャル×IT研究・開発プロジェクトは、このような取り組みを行っています。

1.弊団体のハイテクNPO化推進
  -弊団体の運営するサービスをより利用しやすくするためのシステム開発
  -他団体へも提供も見据えた、ソーシャル版クラウドソーシングシステムの開発
  -他団体へも提供も見据えた、NPO会計標準に対応したクラウド会計システムの開発

2.他団体のハイテクNPO化支援
  -GoogleAppsなど、NPO業界に無償提供される高機能ITツールの導入支援
  -本プロジェクトで開発したクラウドシステムの他団体への導入支援


NPO業界発の「NPO活動支援グループウェアプラットフォーム」の開発

近い将来、これらの取り組みの集大成となるNPO業界発の「NPO活動支援グループウェアプラットフォーム」をリリース予定です。


祢宜田理事(左)・アーロン理事(中)・三上理事長(右)




我参加したいと思う、有志のエンジニアの方、大募集中!!

ソーシャルの世界をITで変えたい、我参加したいと思うエンジニアの方や、
もっと詳細をお知りになりたい方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。
お問い合わせフォーム